佐賀県自動車整備振興会ホームページ
佐賀県自動車整備振興会一般ユーザー向け情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会の紹介
日常点検
定期点検
希望ナンバー制度
優良車ステッカー
今月のトピックス
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 会員向け情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 整備士情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 研修・講習
各種申請用紙
佐賀県自動車整備振興会からのお知らせ
各種変更届及び記載要領(会員専用ページ)
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 質問・回答
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 リンク集
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 プライバシーポリシー
一般社団法人 佐賀県自動車整備振興会
email サイトマップ 一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 定款
HOME>>>日常点検をしよう!>>>車のまわり
日常点検をしよう




タイヤの接地部のたわみの状態により、空気圧が不足していないかを点検します。なお、タイヤゲージがあれば、より正確に点検できます。

※空気圧が低いと燃費に影響します。
※ときどき、スペア・タイヤの空気圧も点検しましょう。
タイヤの指定空気圧は、運転席のドアの端やセンターピラーに貼付されているラベルに表示されています。
 ●走行時の安定性が悪くなる。
 ●燃費が悪くなる。
 ●ハンドル操作が重くなる。


(1)著しい亀裂や損傷がないかをタイヤの全周にわたり点検します。また、釘、石、その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしていないかを点検します。
(2)タイヤの接地面の片側だけや一部だけが異状に摩擦していないかを点検します。
※亀裂、損傷や異状摩擦したタイヤでの走行はとても危険です。
早急に取り換える必要があります。

 ●パンク、バースト(破裂)。
 ●スリップ。
 ●制動距離が長くなる。


溝の深さが十分にあるかをスリップ・サインなどにより点検します。なお、デプスゲージを使用すれば残り溝の深さがわかります。
※スリップ・サインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると現れます。溝が浅くなるとタイヤがスリップしやすくなり、特に雨天時には大変危険となりますので、スリップ・サインが現れたら、タイヤを交換しましょう。
 ●パンク、バースト(破裂)。
 ●スリップ。
 ●制動距離が長くなる。



 ●他車への意思表示ができない。


(1)エンジンスイッチを入れ、ヘッド・ランプ、テール・ランプ、ライセンス・ランプ、ブレーキ・ランプ、クリアランス・ランプ、バックアップ・ランプなどの点灯具合やウインカ・ランプの点滅速度が不良でないかを点検します。
(2)レンズなどに汚れや損傷がないかを点検します。

© 2012.SAGA AUTO MOBILE SERVICE.All Rights Reserved.