佐賀県自動車整備振興会ホームページ
佐賀県自動車整備振興会一般ユーザー向け情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会の紹介
日常点検
定期点検
希望ナンバー制度
優良車ステッカー
今月のトピックス
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 会員向け情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 整備士情報
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 研修・講習
各種申請用紙
佐賀県自動車整備振興会からのお知らせ
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 質問・回答
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 リンク集
一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 プライバシーポリシー
一般社団法人 佐賀県自動車整備振興会
email サイトマップ 一般社団法人佐賀県自動車整備振興会 定款

大型車、二輪自動車、被牽引自動車をご使用の皆様へ
自動車点検基準改正
平成19年4月1日から実施

●大型車(車両総重量8トン以上、または乗車定員30人以上の自動車)
  1. 大型車が車輪脱落防止のために、ホイールナット、ホイールボルトの点検*1が追加(義務付け)され、従来の定期点検作業時間に、次の作業時間*2がプラスになりました。
    3ヶ月点検時:約0.5時間/12ヶ月点検時:約1時間〜3時間
    *1:平成19年4月以降の定期点検時 *2:作業時間は車種によって異なります。
  2. 定期点検整備(車検整備を含む)の料金については、当該事業場におたずねください。

〜ご理解とご協力をお願い致します。〜

●二輪自動車(※レンタカーについては別途おたずね下さい。)
 点検基準等の見直しが行われました。
  • 二輪の小型自動車の自動車検査証の初回有効期間が2年から3年になりました。
  • 二輪の小型自動車及び二輪の軽自動車の6ヶ月点検を廃止するとともに点検基準が見直されました。定期点検は1年点検及び2年点検となりました。
●被牽引自動車
 定期点検の点検項目が明確になりました。
  • 被牽引自動車の定期点検の点検項目について、一般の大型自動車等の区分から分離されました。これにより、3ヶ月点検では20項目、12ヶ月点検では33項目となりました。


大型トラック、バス、ホイールボルト8本締付けタイプ(JIS方式)についての注意事項
((一社)日本自動車工業会作成のパンフレットより引用)

点検結果、ホイールボルトの折損など異常を発見した場合は、そのまま運行することなく、直ちに確実な整備を行い、車輪の脱落防止をお願いします。

日常点検整備時の注意事項
1.目視での点検
  • ホイールボルトおよびナットがすべて付いているかを点検します。
  • ディスクホイールやホイールボルトまたはナットから錆汁が出ていないか、ホイールに亀裂や損傷がないか点検します。
  • ホイールナットからのホイールボルトの出っ張り量を点検します。
    出っ張り量に不揃いはないか、車輪によって出っ張り量が異なっていないか点検します。
    異常がある場合は、ナットの緩みやボルトの折損につながるおそれがあります。

2.点検ハンマや小型ハンマを使用しての点検
  • ホイールナットの下側に指をそえて、点検ハンマや小型ハンマでホイールナットの上側面を叩いた時に、指に伝わる振動が他のナットと違ったり、濁った音がしないか点検します。
    異常がある場合は、ナットの緩みやボルトが折損しているおそれがあります。

3.タイヤ空気圧の点検
  • タイヤに亀裂や損傷、異常な摩耗がないこと、タイヤの溝深さが十分あることを点検するとともに、空気圧が規定の範囲内にあるかを点検します。
    特に、ダブルタイヤや偏平ラジアルタイヤの場合は、空気圧が低下していても目視では分かりにくいため、エアーゲージを使用して点検してください。
    ※アルミホイールの場合は、ダブルタイヤの内側タイヤのバルブにエクステンションを取付けるか、専用のエアーゲージを使用すると点検が容易に行えます。
    タイヤの空気圧が不適切なまま走行を続けると、パンクやバーストを招きやすくなります。空気圧が低いまま走行したり、パンクしたまま走行すると、ホイールボルトに無理な力がかかり、ボルト折損による車輪脱落事故の原因となります。


定期点検整備時の注意事項
《3か月定期点検時》
日常点検に加えて、次の要領でホイールナットの緩みを点検します。
1.ホイールナットの緩み点検
  • ホイールナットが規定のトルクで締付けられていることを、トルクレンチなどを使用して点検します。
〔シングルタイヤの場合〕
  • ホイールナットを締め方向に規定のトルクで締付けます。
〔ダブルタイヤの場合〕
  • 最初にホイールボルトの半分(半数)のアウターナットを一旦緩めて、インナーナットを規定のトルクで締め方向に締付けます。次に、アウターナットを規定のトルクで確実に締付け直します。(この時、残りのホイールボルトのナットは緩めないでください)
     続けて、残りの半分のアウターナットを緩め、同様にインナーナット、アウターナットの順に締付けます。
※アウターナットのネジ部、座面部(球座面)には、エンジンオイルなどの潤滑剤を薄く塗布します。
締付けを行った後も、ナットがたびたび緩むなど異常があった場合は、必ず点検整備を実施してください。

《12か月定期点検時》
ディスクホイールの点検は、ホイールを取外して行います。併せて、ホイールボルトやホイールナットおよびハブなどの関連部品に異常がないか点検してください。
1.ディスクホイールの点検
  • ボルト穴や飾り穴のまわりに亀裂や損傷がないか点検します。
  • ホイールナットの当たり面(球座面)に亀裂や損傷、へたりがないか点検します。
  • 溶接部に亀裂や損傷がないか点検します。
  • ハブへの取付面とホイール合わせ面に摩耗や損傷がないか点検します。

2.ホイールボルト、ナット
  • 亀裂や損傷がないか点検します。
  • ボルトが伸びていないか、著しい錆びの発生がないか点検します。
  • ネジ部につぶれや、やせ、かじりなどがないか点検します。
    ※錆びや汚れを落とし、ネジ部にエンジンオイルを薄く塗布してナットを手で回した時、スムーズに回転しない場合は、ネジ部に異常があります。異常がある場合は、ボルト、ナットをセットで交換してください。また、ボルトが折損していた場合は、その車輪全てのホイールボルト、ナットを交換してください。
3.ハブ
  • ディスクホイールの取付面に著しい摩耗や損傷がないか点検します。
ディスクホイールの破損や、ホイールボルトの折損などによる車輪脱落事故の原因となります。

ホイール取付け作業時の注意事項
1.ディスクホイール、ハブ、ホイールボルトの清掃
  • ディスクホイール取付面,ホイールナットの当たり面(球座面),ハブ取付面、ホイールボルト,ナットの錆やゴミ、泥などを取り除きます。
    ※ディスクホイール取付面やホイールナットの当たり面(球座面),ハブ取付け面への追加塗装は行わないでください。厚い塗膜は、ホイールボルトの緩みや折損の原因となります。

2.ホイールボルト、ナットのネジ部の潤滑
  • ホイールボルト、ナットのネジ部,座面部(球座面)に、エンジンオイルなどの潤滑剤を薄く塗布します。
    ※潤滑剤は、お車の取扱説明書に記載されている油脂を使用してください。二硫化モリブデン入りのオイルやグリースなどは、絶対に使用しないでください。過大な締付けとなり、ホイールボルト折損などの原因となります。

3.ホイールナットの締付け
  • ホイールナットの締付けは、対角線順に、2〜3回に分けて行い、最後にトルクレンチなどを使用して規定のトルクで締付けます。
    ※インパクトレンチで締付ける場合は、エアー圧レギュレータの調整や締付け時間に十分注意して、締めすぎないようにしてください。最後にトルクレンチなどを使用して規定のトルクで締付けます。
  • ダブルタイヤは、最初に内側タイヤのインナーナットを上記の方法で締付け、次に、外側タイヤのアウターナットを同様の手順で締付けます。

規定締付トルク 540〜590N・m(55〜60kgf・m)
※この締付トルクは、ホイールボルトが8本のホイール(JIS方式)の場合です。
 ホイールボルトが6本,10本など、その他のホイールの場合は、お車の取扱説明書に記載されている値で締付けてください。

4.ホイールナットの増し締め
  • ホイール取付後の走行による初期なじみによって、ホイールの締付力が低下します。取付後、50〜100km走行を目安に、ホイールナットの増し締めを行ってください。増し締めは、3か月定期点検時の注意事項「(1)ホイールナットの緩み点検」の方法で行います。

© 2012.SAGA AUTO MOBILE SERVICE.All Rights Reserved.